Reonel

新しい1年の始まりの日に思うこと

数日前の誕生日に、箱根に行ってきました。
数日前から天気を気にしてみたりして。

当日は、雨が降ったりやんだりの1日。

朝起きた時は、「残念!あいにくの天気」と感じたものの、
車中、こんな景色も素敵に感じる。

湿気が多く、少しじめっとする中の箱根神社参拝も、
霧が濃くなって数メートル先も見えなくなる状態も、
さまざまなその時その時が美しかったり楽しかったり。

いつも青空が見えて、太陽の光が降りそそぐ日ばかりではなく、
天気はいつもいつも変容し続ける。

それは、天気だけのことではなく。

いつの間にか、 晴れていると良い天気で、
どよ~んとした天気があいにくの天気になっていたりもするけれど、
そのシールを剥がしてみたら、 本当のその時その時の世界と自分が触れることができる。

その時感じるものが本当のこと。

それもまた移りゆく。

気づかずに付けているシール。
目の前に広がる世界にたくさんつけているシール。

そのことに気づきつつ、
シールを超えて 新しい瞬間に出会ってゆくことで、
自分のなかに宝が蓄積されていゆく。

そんなことを感じる新しい1年の始まりでした。

よければコメントを残していただけるとうれしいです!

Loading Facebook Comments ...

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

上に戻る