Reonel

『そういう自分』に気づいてみる

「なんで望むようにいかないんだろう…」
「なんで他の人のように上手くできないんだろう…」

いつも同じような問題を抱えたり、
変わらない現状にモヤモヤしている時、
その原因を探ろうとしたりしませんか?

本を読んだり、こころの勉強をしたり、カウンセリングやセラピーを受けたり…。

そして、今、そうなっている原因を過去の環境や人間関係に見つけたりします。


確かに過去の環境、人間関係、その中で出会ったトラウマと言われるような事柄が
過去の感情とともに今の自分の状況を紐づけて縛ることもあります。

でも、たとえ「トラウマ」と呼ばれるようなものを解消したり、
原因となっていたことをクリアリングしようとしても、
本質的に人生が変わらないことは多かったりします。

なぜなら、自分の在り方が変わらないから。

自分がその瞬間瞬間どういてるかとか、物事の捉え方が変わらなければ、
同じような状況はやってきて、同じように悩んでしまうことは続きます。


そこに気づかず、もしくは見ないようにして
問題を解決しようとすることにフォーカスが当たっていると
トラウマは解消されてなかったと思い、
さらなる解消やクリアリングに突き進んでしまうかもしれません。

やってみると気づきますが、そこに求めるクリアな状態はありません。


原因を見つけたり、トラウマの解消に一生懸命になるよりも、
まず、「そういう物事の捉え方をしている自分」に気づいてみませんか?

良い方に向かうようには見えないようなことが、
とても大切な一歩だったりするものです。


よければコメントを残していただけるとうれしいです!

Loading Facebook Comments ...

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

上に戻る